プラクネはなぜニキビケアと美白効果が同時に得られる?

プラクネとはニキビをなくし、美肌目的も考えられているニキビ薬用ケアクリームです。

 

プラクネの特長はニキビを体の中からしっかりなくし、ニキビのケアをしっかりしてさらに保湿や黒ずみの対策や美容など全て一つのクリームでケア出来るのが特長です。

 

プラクネ以外のものは基本体の外からニキビを治すものが多く繰り返しニキビになったり、ニキビをなくす目的のみしか使えなかったり、美白なら美白専用クリームしか出来ないという気になる点があります。

 

しかしながら、プラクネはいろんな気になる肌に効果があり、プラクネ一本ニキビも黒ずみも他の悩みも解決出来ます。

 

プラクネに入っているニキビをケアするための成分を紹介します。

 

1つ目はグリチルリン酸です。グリチルリン酸は肌荒れになっている炎症の部分をなくしたり予防したりすることが出来る成分です。

 

2つ目は天然ビタミンEです。ビタミンEの中には合成ビタミンEと天然ビタミンEの2種類のビタミンEがありますが、プラクネで使用しているのは肌の保湿や刺激を防ぐ天然ビタミンEの方を使用しています。

 

3つ目はレモングラス抽出液です。

 

ニキビや肌荒れになっている肌を保護してくれて肌を整えます。

 

プラクネに入っている美白効果にいい成分を紹介します。

 

1つ目は水溶性プラセンタエキスです。

 

メラニン色素で肌が黒ずんでいるのをなくします。

 

2つ目はアセロラエキスです。

 

ビタミンCが含まれており、きれいな肌や肌を引き締める効果を持ちます。

 

ビタミンCでも通常のビタミンCとは違い、レモンのビタミンCより30倍含まれています。

 

3つ目はカッコンエキスです。

 

きれいな肌を整えるときに艶をさらに引き出し、よりいい肌を作れるような効果を持ちます。

 

プラクネに入っている保湿成分を紹介します。

 

保湿成分とは本来肌を保護したり、乾燥肌を守ったり、肌の調子を持続し整えるものでもあります。

 

3つ紹介します。1つ目はコラーゲンです。

 

体の潤いを保ったり、皮膚を支える効果を持ちます。

 

2つ目はヒアルロン酸です。

 

体の潤いを保ったり、肌の弾力を強くする効果を持ちます。

 

3つ目はセラミドです。

 

コラーゲンやヒアルロン酸と同じように体を潤いを保つ効果もありますが、セラミドには肌が刺激を受けやすく弱くなった肌を改善する効果もあります。

 

特に肌荒れや保湿を成分とした効果が多いです。

 

プラクネに入っている水溶性プラセンタも入っている加減により、気になる黒ずみやメラニン色素から発生したしみなどもなくす効果があるのは便利です。

 

 

トップページへ戻る。

page top